カラコンを安全に使用していくために

カラコンで安全なメーカーとは?

当サイトでは、有名で無いメーカーさんはオススメしておりません。

見分けるポイント

有名だが苦情が多ければ多い場合…数は売れている可能性が高いので、苦情の数=製品の改良を行っている会社が多い。

無名やほとんど知られていないメーカーの場合…苦情がある程度あれば、危険性は高くなります。

カラコンを安全に装着する方法

  1. カラコンを装着する場合は、必ず手を石鹸で洗って、除菌。
  2. 清潔な状態で爪などでレンズを傷つけないように注意して取り出す。
  3. まずはカラコンに傷や汚れがないかをチェック。
  4. 裏と表がありますので間違えないように注意して人差し指に乗せる。
  5. 人差し指の上に乗せて、カラコンが内側に丸まっている場合は表で、外側に広がっている場合は裏。
  6. カラコンを乗せている手の中指で下まぶたを引っ張り、もう片方の手の中指で上まぶたを引っ張り、カラコンが充分入る大きさまでまぶたを広げたら、真っ直ぐ前を見て黒目の上に静かにカラコンを装着。
  7. カラコンを装着したら数回まばたきをして、カラコンがキチンと黒目の上に乗っていることを確かめてから、反対側の眼も同じ様に装着。

安全な外し方

  1. カラコンを外す時は手を石鹸で良く洗う。
  2. 清潔な状態にしてから潤滑性のある目薬かソフトコンタクトレンズ用の目薬を眼に垂らして、カラコンを取り易くする。
  3. 人差し指と親指の間で爪を立てないように指の腹で軽くカラコンを摘むようにして、丁寧にカラコンを取り出す。

安全な洗浄方法と保存方法

  1. 利き手と逆の手の平にカラコンを乗せ洗浄液を数滴垂らす。
  2. 爪などでカラコンを傷つけないように注意しながら利き手の人差し指で優しくこすり洗いをする。
  3. カラコンの両面を濯(すす)ぎ液で濯ぐ。
  4. 清潔なカラコンケースに保存液を入れて、カラコンを浸し、カラコンケースの蓋をしっかり閉めて保存。
  5. カラコンは毎日キチンとケアしても、涙に含まれているタンパク質がカラコンに付着してきますので、定期的にタンパク質を取り除くようにして、カラコンケースも定期的に洗浄。
  6. カラコンケースは水道水で洗ってから、乾かさないと雑菌が繁殖するので、完全に乾かす。

カラコンのお手入れ時の注意点

カラコンの説明書をよ良く読み、カラコンを外した後は、必ず洗浄して消毒ケアをして清潔に保存。

カラコンはケアを怠るとカビや細菌が繁殖。

カラコンの劣化が速くなったり、眼に影響が有る場合がありますので、しっかりケアをしてください。

カラコンは、ティッシュや布でカラコンを擦ったり、強く持ったりすると、疵(し)=傷の原因となりますし、ケースの汚れもカラコンを汚しますので、ケースも変えたりしましょう。

カラコンを取り扱い時の注意点

カラコンは水分を含んでいますので、乾燥させない。

カラコンが乾燥してしまうと変形したり、疵が付いてしまうので、必ず専用の保存液に浸けておく

カラコンを装着している時は、瞬きが少ないとカラコンの表面が乾燥しやすくなるので、なるべくまばたきを多めに。

目薬は、ソフトコンタクトレンズ用の目薬を使用。

もちろん寝るときは外すこと。

カラコンの装着時間や使用期限を必ず守ること。

眼の病気や思わぬ怪我をしやすいため。