乱視用のカラコンを購入する前に

カラコンの乱視用=視力補正用コンタクトレンズの1つ

乱視用カラコンでは、ファッションとしてのカラコンの使用だけでなく、目とレンズの乱視軸を合わせることによって、視力の矯正を行う事も合わせて必要になってきます。

これまでは乱視がある場合は、眼鏡かハードコンタクトレンズで矯正する事が一般的でした。

しかし最近では、乱視用のカラーソフトレンズもいくつかの通販業者から出回っています。

乱視用カラーコンタクトのレンズは装着感はとても良いのですが、誰にでも適しているかというと、そういうわけでもありません。

その理由は、乱視といってもさまざまな種類があり、個人によって近視や遠視を併せ持っている方もいるので、条件も違います。

乱視カラコンを購入するときに気をつけること

度なしはオシャレ目的でつける人が多いのです。

度入りのカラコンの場合は、「高度管理医療機器」に分類されますので、厚生労働省の認可が必要になります。

輸入品の場合、認可を得ていないものも多いようなので、購入前に必ず厚生労働省の認可番号があるかどうかを確認してください。

そうでないととして扱われます。

通販の際の注意点としては、「高度管理医療機器等許可証」のショップ・メーカーを選ぶようにしましょう。

以前は乱視の方というとなかなかコンタクトレンズも種類が少なくいいものが見つからないというのが一般的でしたが、最近は乱視用カラコンなどでも比較的人気の高いものが増えてきました。

なかなか乱視用のカラコンが販売されてきていませんが、どうやらこちらのサイトで更新されているようです。

そういえば、良く聞く乱視って何なの?

乱視とは、網膜のどこにもピントが合わないため遠いところも近いところも物が見えにくくなり、しかも物が二重に見えるものです。

乱視は大きくわけて、正乱視と不正乱視があります。

正乱視とは、角膜のカーブの程度が方向によって違うことによって生じ、不正乱視とは、角膜の病気や怪我などの視力障害によって生じるものです。

乱視の原因は、主に角膜にあり、これは生まれつきのことが多いのですが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後などにも起こります。

症状には、遠いところも近いところも見えにくい、目が疲れる、ものが二重に見える、などがあります。

ただ斜視の場合でも、物が二重に見えることがありますが、斜視の場合は片目でみたときはひとつに見えるのに対し、乱視の場合は片目で見ても二つに見えることから区別ができます。

乱視が原因で結果的に弱視になり、根気がなくなることがあるため、年齢が低い場合は周囲が気をつけてあげることが大切!

乱視の程度が軽い場合は、遠視と同じように調節することによってある程度は視力が回復し、物がはっきりと見えるようになります。

しかし度が強くなると調節しきれず、充分な視力の回復は望めないので、めがねを用いて矯正することになります。

正乱視の場合は、円柱レンズというレンズを用いためがねで矯正し、不正乱視の場合は、コンタクトレンズで矯正します。