韓国製のカラコン購入するのは危険?

韓国カラコンの安全性。購入時の注意点

日本のカラコンは薬事法に制定

日本の通常の手続きを得て、承認になっているカラコンは、高度医療機器承認番号が記載。

通販で売られている場合海外製のカラコンが多いですが、現在では、ほぼ全てが高度医療機器承認番号が記載されています。

なので、日本国内で法的な手続きを得て、厚生労働省により承認されているということです。

普通のコンタクトレンズと同じ取り扱いになります。

日本で未承認の韓国のカラコン

医療用のコンタクトレンズでも日本製は少なく、海外製の方が多いどちらが安全かとは言えません。

法律上、日本で承認を受けていないカラコンを買う場合は自己責任で。

カラコンを韓国から購入しようとされる方へ

医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります。

なので、日本国内でチェックしたものではないので、いろんな危険が。

安全を第一を考えれば、欲しい韓国のカラコンがあっても、買うのを控えるか、日本で承認されるのを待ちましょう。

自己責任でもいい。買いたい方へ

以下韓国のカラコン購入時に、よく見る規制当局。

  • KFDA(韓国食品薬品安全庁)は、韓国国内での規制当局。
  • FDA(米国食品医薬品局)は、アメリカでの規制当局。

日本では、高度医療機器承認番号。
こういった基準を満たしているものが、より安全性が高いです。

認可の記載そのものが虚偽の場合もありますので、注意

ユーザーの人気がある海外系カラコン通販ショップ

※商品画像や口コミなど詳細を見るに適しています。

巷に溢れるカラーコンタクトの安全性は?

そもそもカラコンには、カラーや大きさ、また日本製、韓国製など色々と分類されますが韓国製だから全て危険、日本製だから全て安全などと、分類することこそ危険です。

なぜカラコンは危険という情報が広まったのかと言いますと、カラコンにはレンズにブラウンやブルーなど色がついています。

この色素が溶けるとことにより、目に危険を及ぼすということで一時期話題になりました。

では今もカラコンの色素が溶ける事例が頻繁に行っているかといいますと、ほぼ皆無です。

本当にそうなの?と思われる方もいらっしゃると思いますので、もう少し掘り下げてみたいと思います。

技術進歩によって危険性が減少。

コンタクト分野に限らず、日々様々な新しい技術が生まれることにより 今まで問題となっていた部分が解消されることがあります。

このカラコン問題についても同じで、色素が溶けるなど 目に害を及ぼしかねない過去の古い時代ではなくなり 現在は非常に安全にカラコンを製造できる時代になりました。