カラコンが乾かないようにする簡単な方法

カラコンを着けると乾く主な理由とは?

目の表面には常に涙の層があり、瞬きのたびに涙が分泌されて目の表面の乾燥を防ぎます。さらに裸眼の場合、この涙の層を油分を含んだ成分が覆っているので涙の蒸発を防ぎ目に一定の潤いを保ちます。

しかし、カラコンやソフトコンタクトレンズを使用すると、この涙の層を覆っている成分の膜が不完全な状態になり水分が蒸発しやすくなるのです。

また、と瞬きが少なくなり涙の分泌量自体も少なくなってしまうのも原因です。

カラコンやソフトコンタクトレンズの表面は蒸発しやすくなっていて、さらにレンズ自体に水分として取り込まれてしまう事もあるので裸眼の時よりも目が乾きやすいのです。

なので、目が乾きやすくなります。これ意外にもたくさん理由があります。

カラコンのBC(ベースカーブ)やサイズが合っていないと乾く

カラコンなどのコンタクトレンズ商品には必ずベースカーブといってカーブの度合い表された数字が記載されています。

このベースカーブは人によって数値も違うので出来ることなら自分のベースカーブをしっかりと把握した上でカラコンを選ぶべきです。

自分の目のベースカーブと違うカラコンを装着すると目に違和感を覚えるだけでなく、目とカラコンの間にゴミが入りやすく、目が乾燥しやすくなります。

目が乾くと瞳に十分な酸素が供給されなくなり、目に疲れが溜まったり視界がかすんできたりと様々な問題が出てきてしまうのです。

目が乾くという問題は小さな問題と捉えられがちですが、ドライアイなどの長期的な治療が必要な目の病気を引き起こすとても重要です。

完璧に乾燥を無くすのはムリですが…

ただ、できるだけ自分の目に合ったものを使うことで目が乾くという問題点を改善する事もできるのです。

カラコンを選ぶ際は自分の目に合ったものを選ぶ事をおすすめします。

カラコンが乾くと起こる怖い症状

カラコンが乾くと起こる問題としてよくあげられるのがカラコンレンズ自体の変形や歪みます。

すると、レンズがずれやすくなったり、外れやすくなります。

さらに乾燥が進むとカラコンのレンズ自体に傷が付きやすくなります。

それを放っておくと目の充血や角膜が削れたり炎症やズレ、目の痛みなどの重大な症状を引き起こします。

乾きにくくする簡単な方法は目薬

カラコンを装着したままで使用できるカラコン専用の目薬は最近では薬局でも多く見かけます。

カラコンが乾くのを防ぐ一番手軽な方法は目薬をこまめに点す事です。

実は、目の乾き、違和感を感じたら点すという人も居ますが、そう感じた時点でカラコンの乾燥は進み、正直遅いです。

カラコンが乾くのを未然に防ぐには定期的に目の乾きを感じなくても目薬を点す習慣を身につけることです。

カラコンが乾くのを防止する方法で目薬を使わない方法

まずカラコンが乾くのを防止する方法としてあげられるのが長時間の目の酷使は避けることです。

やはり長時間デスクワークなどをしていると瞬きの回数も自然と減ってしまいカラコンは乾きやすくなってしまいます。

とはいっても、デスクワークやパソコンを使う職業の場合どうしても長時間の目の酷使を避けられない事もありますよね。

そういった人にオススメなのが時折、目を蒸らしたタオルなどで温めながら潤わせてやることです。

少しの時間でもそうやって目を休める事でリラックスして仕事に臨めますし、意識的に目の周りの湿度を上げることでカラコンが乾くのを多少防いでくれます。

また、意識的に瞬きの回数を増やしてみる。

これはそこまで即効性や高い効果は得られませんが日頃から心がけて続ける事でカラコンが乾く問題を少しでも改善する事ができます。

カラコンが乾く方にお勧めの目薬

カラコンが乾く人にとっては清涼感のある目薬が最適という訳ではないです。

どういうことかというと、この清涼感の成分が含まれる事によって逆に目薬や瞳の水分が奪われてしまうこともあります。

気持ちが良いからといって安易に目薬を選ぶべきではないという事ですね。

潤いよりも爽快感を重視するならばこの目薬でも良い。

しかし、目の乾燥を少しでも改善し、カラコンが乾く人にオススメなのが潤い成分を豊富に含んだ目薬です。

清涼感を感じさせる成分が入っていない、目の潤いを重視した目薬を使うことでカラコンの乾きを効率的に改善できます。

カラコンの乾きが気になる人は一度試してみてください。