CATEGORY カラコンの危険性

カラコンの危険性を絞り込む

カラコンの危険性とは?

目が悪い人には危険か?

「大きい目」の人もいれば、「小さい目」の人。

⇒自分のサイズにあっているかどうか?サイズが合わないと角膜を傷つけたりしてしまいます。

「強い光に弱い」もいれば、「近視に悩んでいる人」

⇒装着はなるべく控えましょう。

カラコンのみならず、コンタクトレンズには「目へのダメージが大きい」という特徴がある。

なのでカラコンだからと言って、粗悪品でもない限り、「カラコン=危険」というわけではない。

大切なのは「正しい使用方法」であり、「カラコンorコンタクト」ではないことを知っておきましょう。

カラコンで危険性が問題視

一昔前カラコンが雑貨として取り扱われていた為、カラーが色落ちしてくる物や角膜に傷をつけてしまうひどい商品が出まわり、被害者か増加しその結果、2010年11月4日より薬事法上の「医療機器」として規制対象となりました 。

では、危険でない乱視カラコンはどういったモノか?

厚生労働省の承認を取得しているカラーコンタクトです。

最近では、カラコンを販売している業者のホームページを見ても、「○○国製」と明記されているため、以前のような粗悪品に対する心配は少なくなったと思います。

そして、安全性の高いカラーコンタクトは【サンドイッチ構造】という手法で作られています。

レンズとレンズの間に色レンズが入ってる事によって、色素が溶ける心配がなく、目を傷つける事もなくなる製法です。

破れにくくもなり、昔に比べ安全性もグッと高くなっています。

最近では乱視用のカラコンも販売されています。

参考:

連続で装着は危険なので注意!

コンタクトレンズで連続して装着できるものは限られています。

ドライアイの人やアレルギー性の結膜炎の人危険なので連続した装着×。

連続してコンタクトレンズを利用したい場合は、必ず眼科医に相談。

勘違い?1年使えるハーフカラコンが危険と言われてる理由

1年使えるハーフカラコン=危ないは間違い。

ハーフカラコンが危険だと言われているのは、長期間使用できる為にレンズの洗浄や保管を正しく行わなかったが為に危険になっているだけ。

実は正しい使用方法をしている方にとっては関係のない話。

しっかり説明書を読みましょうね。

1年カラコンを使用するならレンズの正しい洗浄方法や使い方は知っていて当たり前ですし、それが知らない方はワンデータイプを使用したほうが安全といえば安全ということになります。

装着期間を守らないことが1番×

装着したまま寝てしまった。

次のカラコンを買うのがもったいない。

なんて、自己処理をしっかりしていないと結局は4つの原因は引き起こします。

  1. 角膜炎…【角膜炎症・・目の痛み、充血、かすみ、違和感】
  2. 角膜びらん…【角膜のはがれ・・目の痛み、充血、かすみ、違和感】
  3. 角膜潰瘍…【角膜に潰瘍・・目の痛み、充血、涙】
  4. 結膜炎…【結膜の炎症・・かゆみ、目ヤニ、充血】

カラコンの管理

カラコンは消毒のために煮沸したりすると変形してしまいますので、消毒する場合煮沸しないこと。

万一の場合、なんらかの細菌が感染し眼の病気になる可能性がありまので、友達に貸したり借りたりすることは×

1dayや2weekと1ヶ月などの長期使用どれが良い?

1day【ワンデー】の良い点・悪い点

良い点

  • 外したら捨てるだけなので取り扱いが楽でどこでも外せる。
  • カラコンをたまにしか使わない人には、1日分としてわりきって使える。
  • 基本的には使い捨てなので、一度使用したら処分できる。
  • 保存液につけたり、洗浄したりする面倒な手間が省ける。
  • 感染症のリスクがグッと減り、目にも安心。
  • 常に新しいレンズを入れる為、コンタクトの使用環境が清潔に。
  • コンタクトをなくすという心配からも解放。
  • 一日使い切りということで、レンズに耐久性を持たせる必要がない。
  • ワンデーならではの薄さや付け心地の軽さを追求できる。
  • ワンデータイプのコンタクトレンズでは目が乾燥したり、酸欠状態になってしまうトラブルが起こりづらい。
  • ワンデーの場合、使い捨てなので、買い替えといったことがない。
  • 最近では、値段も下がり非常にリーズナブル。
  • お試しに向いている。

悪い点

  • 毎日使用でコストが2WEEKの約3倍
  • その他のカラーコンタクトに比べ、頻繁に買い換えるためのコストがかかりま
  • 少しくらいなら大丈夫と言う理由で、コンタクトを捨てずに翌日も使用したり する事は、目へのリスクが高まりますので、絶対にやめましょう。

2weekなど長期使用などの良い点・悪い点

良い点

  • コストが安くすむ
  • 毎日使う人向き
  • コストはワンデーより安く抑えられる。
  • 最近は保存用のカラコンケースもかわいくデコってある物も販売されている。
  • 馴れているカラコンだとつけごこちが良く、同じシリーズを使う人も多い。

悪い点

  • ケア方法を怠ると、不衛生
  • レンズをうっかり紛失した時のリスクが高い
  • 毎日使わないともったいない
  • 保存液を使用したり、 消毒をしたり、専用のケースを購入して持ち歩いたりと、手間が増えます
  • どれだけ念入りに手入れをしたとしても、目に見えない汚れなどが付着していきます。